理経の車両開発用VR、実車確認で1日かかるところが30分に…オートモーティブワールド2020

理経(オートモーティブワールド2020)
理経(オートモーティブワールド2020)全 3 枚写真をすべて見る

VR空間でクルマを開発する技術をスバルなどに提供している理経は、バーチャルメカニクスとCarSimで共同でオートモーティブワールド2020に出展した。同社はゲームエンジン UnrealEngine4 を使った車両開発用VR空間を紹介。「1日かかる走行パターンを30分で確認できる」と伝えた。

同社が提供するVR空間を使った車両開発プロセスは、「実車で5~6パターンを1日かけて取得していた項目を、VR空間で確認することで同等データを30分で取得できる」という。そのチェック項目とは、高速道路の分岐・合流、レーンキープ(LKAS)、追従クルーズ(ACC)、車内空間の表示HMI開発、実験環境からしぼられる対歩行者むけ開発シーンなど。

ここで連携しているのが、バーチャルメカニクスと Atlatec の技術。バーチャルメカニクスからは、CarSimというシミュレーションソフトを採用。車両モデル、路面モデル、ドライバモデルの3つのモデルから車両運動をシミュレーションできるソフト。

Atlatec は、路面モデルのデータ作成で連携。高精度位置情報をはじめ、路面の勾配・カント・ガードレール、路肩や標識といった周辺情報なども座標データで保持しながらVR空間をつくってくれる。

同社は、「車両と路面の詳細モデルがあれば、VR空間で撮影時・測定時の再現のほか、時間や天候なども任意に設定してシミュレーションできる。夜間で雨天という状況で路面はどう見えるか、降雪後の朝の凍結路面と昼間の新雪が積もったときではどう違うかを、VRシミュレーションで確認できる」と来場者に伝えていた。

《大野雅人》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ニコン・トリンブル(名古屋オートモーティブワールド2020)
  • 東洋紡(名古屋オートモーティブワールド2020)
  • 沖エンジニアリング(名古屋オートモーティブワールド2020)
  • 第3回 名古屋オートモーティブワールド が10月21日に開幕。会場はポートメッセなごや
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV