スバル アウトバック と レガシィ 新型、TomTomのナビゲーション搭載…米国仕様

スバル・アウトバック と レガシィ 新型に搭載されるTomTomのナビゲーション(米国仕様)
スバル・アウトバック と レガシィ 新型に搭載されるTomTomのナビゲーション(米国仕様)全 5 枚写真をすべて見る

TomTom(トムトム)は、SUBARU(スバル)から2020年モデルの米国向け『アウトバック』新型と『レガシィ』新型のナビゲーションサプライヤーに選ばれた、と発表した。

TomTomは、オランダ・アムステルダムに本社を置き、世界30か国にオフィスを構える位置情報テクノロジーのリーディング企業だ。正確な地図やナビゲーションソフトウェア、リアルタイムの交通情報などのモビリティサービスを手がけている。

TomTomは、米国向けアウトバック新型とレガシィ新型のナビゲーションサプライヤーに選ばれた。新型の新開発のインフォテインメントシステムに、「TomTom Maps」、ナビゲーションソフトウェア、新しいナビゲーションユーザーインターフェイスが搭載される。

なお、新型には、最新の車載コネクティビティを導入する。11.6インチのフルHD縦型ディスプレイを備えた最新のインフォテインメントシステムを装備した。大画面に集約したさまざまな情報を、タブレット端末同様の感覚で快適に操作できるようにしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トムトムのADASマップを組み込んだデルファイ・テクノロジーのテスト車両
  • ムンバイ
  • ゼンリンとゼンリンデータコム、TomTom社が日本における高度でリアルタイムなトラフィックサービスを共同開発することで合意
  • 3号館部品ブースの一角に構えたTomTom
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ