BMW 1シリーズ 新型、ディーゼルのトップグレード「120d」 3月欧州発売へ

BMW 1シリーズ 新型の120d
BMW 1シリーズ 新型の120d全 15 枚写真をすべて見る

BMWは、新型『1シリーズ』(BMW 1 Series)に「120d」グレードを設定し、2020年3月に欧州市場で発売すると発表した。

120dは、「116d」、「118d」の上に位置し、新型1シリーズのディーゼルエンジン搭載車のトップグレードに位置付けられる。

120dに搭載されるのは、排気量2.0リットルの直列4気筒ターボティーゼルエンジンの高出力版だ。最大出力は190hpを引き出す。116dの116hp、118dの150hpに対して、大幅にパワーを引き上げた。

トランスミッションは、8速ステップトロニックを組み合わせる。駆動方式はFFだ。0~100km/h加速は7.3秒、最高速は231km/hに到達する。0~100 km/h加速は、116dが10.3秒、118dが8.5秒で、120dは加速性能が向上している。

なお、120dの欧州仕様の場合、複合モード燃費は23.3km/リットル、CO2排出量は112g/km。最新の「ユーロ 6d」の排出ガス基準に適合させた、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ