スズキ ジムニー、欧州で販売継続へ…導入中止報道を否定

スズキ・ジムニー 新型(欧州仕様)
スズキ・ジムニー 新型(欧州仕様)全 3 枚写真をすべて見る

スズキ(Suzuki)の英国部門は1月24日、欧州での『ジムニー』(日本名:『ジムニー シエラ』に相当)の将来に関する一部メディアの憶測と報道に対して、「ジムニーが2020年内、少量ではあるものの、英国向けに継続販売されることを確認した」と発表した。

スズキは2018年後半、新型ジムニーの欧州発表に合わせて、「新型のCO2排出レベルが高くなると、2020年以降のヨーロッパにおける企業別平均CO2排出量に悪影響を与える」と発表していた。

スズキは、この企業別平均CO2排出量を削減し、燃費をさらに改善するために、欧州向けの『スイフトスポーツ』、『ヴィターラ』(日本名:『エスクード』)に相当)、『S-クロス』(日本名:『SX4 Sクロス』に相当)の3車種に、48ボルトのマイルドハイブリッドテクノロジーを導入する。

スズキは12ボルトのマイルドハイブリッドテクノロジーを2016年に欧州市場に投入。2020年の春からは、『イグニス』と『スイフト』の全ての欧州仕様車に、12ボルトのマイルドハイブリッドが標準装備される予定だ。

なお、スズキの英国部門は、すでに新型ジムニーを注文した顧客への納車分を確保するために、あらゆる努力を払う、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキジムニーフレーム切手付きミニカーセット
  • 2020年7月12日18時58分、クロカン四駆の電気自動車が、日本で初めてCHAdeMO急速充電器からの充電に成功した瞬間。
  • 絵柄が浮き出るしょうゆ皿、ジムニー
  • モンツァジャパン HI-BLOCK JERRARD
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ