タカタ製エアバッグのリコール未改修車 車検通さない措置を拡大

タカタ製エアバッグのリコール未改修車の車検停止措置拡大の概要
タカタ製エアバッグのリコール未改修車の車検停止措置拡大の概要全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は1月28日、タカタ製エアバッグのリコール改修を促進するため、未改修車を車検で通さない措置の対象を2020年5月1日から順次拡大すると発表した。

タカタ製エアバッグは、異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているため、2009年以降、総台数2106万台(2019年11月末時点)のリコールを実施している。これらのリコール対象車のうち、特に異常破裂する危険性の高い車両で未改修のものを対象に2018年5月1日から車検で通さない措置を実施している。

対象はエアバッグの製造管理が不適切であったものまたは国内で異常破裂したエアバッグと同じタイプであって生産から9年以上経過したものを搭載した車両。

今回、国内で異常破裂したエアバッグと同じタイプを搭載した車両について、新たに生産から9年以上経過したものがあることなどから、順次、車検で通さない措置の対象に加える。

施行日までにユーザーに対して改修の必要性について周知している2019年4月以前にリコール届け出されているもののうち、エアバッグの製造管理が不適切であったもの、国内で異常破裂したエアバッグと同じタイプを搭載し、2013年4月1日より前に製作された自動車の未改修車を対象範囲として、5月1日から車検を通さないこととする。

追加する車両は2019年11月時点で約26万台ある。現時点で対象としない未改修車両についても、不具合事例を収集し、危険性が高いと判断した場合には対象に追加する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダCX-30
  • ダイハツ・ムーヴ(2017年)
  • ダイハツ・タント(2018年)
  • VW ポロ
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV