トヨタ、燃料電池技術を初めて船舶に搭載…『ミライ』の技術を応用

トヨタの燃料電池技術を搭載するフランスの「エナジー・オブザーバー号」
トヨタの燃料電池技術を搭載するフランスの「エナジー・オブザーバー号」全 7 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門のトヨタ・モーター・ヨーロッパは2月3日、燃料電池技術を初めて船舶向けに応用し、再生可能エネルギーで世界一周航海を目指しているフランスの「エナジー・オブザーバー号」に搭載した、と発表した。

エナジー・オブザーバー号は、太陽光や風力の再生可能エネルギーや、海水から生成した水素を用いた燃料電池を動力とする世界で初めての自立エネルギー型燃料電池船だ。2017年6月に母港のフランス北部のサン・マロ港を出発し、6年かけて50か国、101の港に立ち寄りながら、世界一周航海に挑戦している。

2019年末には、停泊中のエナジー・オブザーバー号でトヨタのFCシステムの搭載試験を実施した。現在、2020年ツアーの出航を控え、海上で最終試験を行っている。トヨタのFCシステムを搭載したエナジー・オブザーバー号は、2020年2月にサン・マロ港を出港し、大西洋と太平洋を横断する予定だ。

トヨタはエナジー・オブザーバー号を、航海開始時から支援してきた。航海での実証を通じて、化石燃料の再生可能エネルギーへの置き換えの可能性を検討するとともに、将来の再生可能エネルギーを効率的に、かつ大規模に利用するソリューションを探求するのが目的だ。

船舶へのトヨタの燃料電池技術応用に向けて、トヨタ・モーター・ヨーロッパとエナジー・オブザーバー号のチームメンバーは緊密に連携してきた。トヨタ・モーター・ヨーロッパのテクニカルセンターは、燃料電池自動車『ミライ(MIRAI)』の搭載部品を用いて、船舶用のコンパクトな燃料電池システムを開発し、エナジー・オブザーバー号に搭載した。従来のシステムと比較して、高出力、高効率、高信頼性を実現した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタMIRAI コンセプト
  • 見えてきた世界の燃料電池戦略、BEVとFCVの課題と展望…トヨタ自動車 ZEVファクトリー 主幹 手嶋剛氏[インタビュー]
  • トヨタ MIRAI 新型 予想CG
  • トヨタMIRAI(ミライ)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ