ヤマハ トレーサー900、R1とリレーションした新色「マットダークグレー」追加へ

ヤマハ トレーサー900 GT ABS(別売アクセサリー装着)
ヤマハ トレーサー900 GT ABS(別売アクセサリー装着)全 13 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、スポーツツーリングモデル『トレーサー900 ABS』および『トレーサー900 GT ABS』のカラーリングを変更し、2月25日より発売する。

トレーサー900は、「Two Sides of the Same Coin: Sports and Travel」をコンセプトに、市街地からツーリングまで多用途でスポーティかつ快適な走りを楽しめるモデルとして開発。快適な乗り心地とツーリング機能を兼ね備え、多くのユーザーから支持されている。

新色「マットダークグレー」はマットダークグレーとレッドを組み合わせ、大人の落ち着きとスポーティさを表現。スーパースポーツのフラッグシップモデル『YZF-R1』2020年モデルとリレーションを図ったマットグレーとブルーをあしらい、上質なスポーツツーリングイメージを更新した。なお、トレーサー900 GT ABSの「ブラック」と「マットブルー」は継続販売する。

価格はトレーサー900 ABSが113万3000円、トレーサー900 GT ABSが122万1000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ