シボレー コルベット 初代から60年代まで[ヒストリー]

1953年
1953年全 29 枚写真をすべて見る

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、米国を代表するハイパフォーマンス・スポーツカーのシボレー『コルベット・スティングレイ』を、1月10日に東京オートサロン2020で日本初公開し、同日より予約受付を開始した。

「コルベット」は、おそらく世界で最も長く同一名称で継続して生産されているスポーツカーだ。シボレー・コルベットは1953年1月17日に、ニューヨークで開催されたGMの“モトラマ”ショーでコンセプトカーとしてデビューし、6月30日から300台の台数限定で生産された。

1953年モデルは全てポロホワイトのエクステリアと赤のインテリアで、価格は3498ドルだった。後に2006年のオークションで、3台目に生産された1953年式のコルベットは106万ドルで落札されている。

コルベットのエンジンは1955年まで直列6気筒エンジンを搭載していたが、その後は“スモールブロック”V8を標準エンジンとしている。

1953年モトラマ1953年モトラマ

8世代目となる新型コルベットは、歴代初となるミッドシップの駆動レイアウトになった。さらにコルベットでは初めての右ハンドル車が生産され、日本市場へはその右ハンドル仕様が導入される。

《高木啓》

【画像】シボレー コルベット 初代から60年代まで[ヒストリー](29枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  3. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  4. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  5. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  6. 三井ダイレクト損保、バイク保険の取扱い開始
  7. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  8. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  9. カスタマイズは7500通り…アバルト 595 に期間限定プログラム
  10. レンジローバー 新型が登場…ラグジュアリーSUVの頂点はゆずらない
ランキングをもっと見る