自動車盗難---認知件数が前年比17%減、4年で半減 2019年

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

警察庁は6日、2019年犯罪統計(暫定値)を発表した。それによると自動車盗の認知件数は前年比17.2%減の7143件と減少した。4年前の2015年の1万3821件と比べてほぼ半減している。

自動車盗の検挙件数は同9.5%減の3845件だった。検挙率は前年と比べて4.6ポイントアップして53.8%。検挙人数は134人減って780人だった。

自動車盗で検挙されたうち、少年は98人にとどまり、前年から71人減った。

自動車盗で検挙された来日外国人は29人だった。中国が5人、ロシア、ブラジルが各4人、スリランカが3人、イギリス、米国が各2人、その他5人だった。

また、オートバイ盗の認知件数は同26.4%減の1万1256件だった。検挙件数は同8.6%減の2423件で、検挙率は4.2ポイントアップして21.5%だった。検挙人数は363人減って840人。このうち、少年が725人だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • 横断歩道を渡る人たち(イメージ)
  • トヨタの自動運転車、e-Palette(参考画像)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV