ロボット床面洗浄機「京王ライナー」モデル、新宿駅に導入

ロボット床面洗浄機「京王ライナー」モデル
ロボット床面洗浄機「京王ライナー」モデル全 3 枚写真をすべて見る

京王グループの京王設備サービスでは、外観デザインに京王線5000系電車をイメージした、自律走行式ロボット床面洗浄機を導入、15日から京王線新宿駅構内で本格稼働させる。

ロボット床面洗浄機は、清掃エリア内の走行経路や速度のほか、洗浄水量やパッド圧などを事前に登録すると、自動で清掃できる。エリア内に歩行者や障害物があった場合はセンサーなどで認識し、その場で停止後に回避ルートを再設定して清掃を続ける。複数のセンサーを搭載し、自動走行中に、周囲にいる人に向けて音声案内やウィンカーなどで注意を喚起する。

自動走行は終電後から始発までの間に行ない、日中は清掃員の操作により運用される。ロボット床面洗浄機の導入により、少人数でも清掃回数を増やすことができる。

外観デザインは京王ライナーとして親しまれている5000系をモデルにし、自動走行時のメロディには京王ライナーの車内BGMやホーム進入時に流れるメロディーフォンを採用した。

自律走行式ロボット床面洗浄機
●商品名:ロボット床面洗浄機EGrobo(イージーロボ)
●サイズ:W780×L1200×H1090mm
●メーカー:アマノ
●清掃場所:京王線新宿駅
1、2、3番線ホーム、改札階コンコース
終電後から始発までに各箇所の床面洗浄を週1回程度実施する予定
●導入台数:1台

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。

ピックアップ

Response.TV