三菱 デリカD:5、5万8000台をリコール ECUプログラム不具合でエンストのおそれ

三菱 デリカD:5(参考画像)
三菱 デリカD:5(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車は2月13日、ミニバン『デリカD:5』のエンジンコントロールユニット(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2012年12月18日から2019年1月7日に製造された5万8297台。

対象車両は、燃料ポンプの制御プログラムが不適切なため、燃料残量が少ない場合に、燃料ポンプが空気を吸い込むことがある。そのため、燃料がエンジンに供給される過程で空気が圧縮され高温になることで炭化物が生成され、フューエルインジェクター内部に堆積。インジェクターが作動不良となり、最悪の場合、エンストに至るおそれがある。

改善措置として、全車両、ECUの制御プログラムを対策仕様に書き替える。また、車台番号を確認し、フューエルインジェクターが対策前の車両は対策品と交換。取扱説明書やメンテナンスノートで、フューエルインジェクタークリーナーの定期注入指示がある車両は、その指示を廃止する。

不具合は136件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モンツァジャパン HI-BLOCK JERRARD
  • エンジョイ! カジュアル・カーオーディオ! MITSUBISHI・デリカ D5(オーナー:鵜飼 洋サン)by カーオーディオクラブ
  • 三菱デリカD:5ジャスパー
  • 三菱デリカD:5
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ