トヨタ GRスープラ、3.0直6ターボが382馬力に強化…2021年型を米国発表

トヨタ GR スープラ の2021年モデル(米国仕様)
トヨタ GR スープラ の2021年モデル(米国仕様)全 11 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の米国部門は2月13日、『GRスープラ』(Toyota GR Supra)の2021年モデルを、フロリダ州デイトナビーチで発表した。

2021年モデルでは、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを改良した。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用により、圧縮比を変更している。

これにより、米国仕様の場合、最大出力は382hp/5800-6500rpm、最大トルクは50.9kgm/1800-5000rpmを獲得する。従来型に対して、47hp、0.4kgmの強化となる。その結果、0~96km/h加速は3.9秒と、0.2秒の短縮を果たした。

さらに、フロント部にブレースを追加し、ボディ剛性の強化を図った。それに合わせて、サスペンションを再チューニングすることで、コーナリング中の安定性を高めた、としている。トヨタ GR スープラ の2021年モデル(米国仕様)

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ