【F1】改名新陣営のアルファタウリ・ホンダも新車「AT01」を発表

アルファタウリが今季型「AT01」を発表した。
アルファタウリが今季型「AT01」を発表した。全 10 枚写真をすべて見る

14日、ホンダ製パワーユニット(PU)でF1を戦う「アルファタウリ」が2020年型マシン「AT01」の発表イベントを実施した。アルファタウリは昨季までのトロロッソが“改名”した陣営である。

「ALPHA TAURI」とは、レッドブルのファッションブランドの名称。旧トロロッソはかつてのミナルディの流れを汲むチームで、2006年からトロロッソとして、レッドブルの弟分チーム的なポジションを担い活動してきた。それが今季からはアルファタウリ(スクーデリア・アルファタウリ)の名で参戦する。

2020年型アルファタウリ「AT01」が搭載するのはホンダ製PUだ。このチームにとってホンダとの共闘は3季目で、兄貴分のレッドブルよりひと足早く2018年から組んでいる。

アルファタウリ・ホンダ初年度のドライバーは、昨季後半のトロロッソコンビである#26 ダニール・クビアト & #10 ピエール・ガスリー。ともに昨季はトロロッソ・ホンダで表彰台をゲットする活躍を演じており、さらなる躍進に期待がかかる(クビアトはドイツGPで3位、ガスリーはブラジルGPで2位)。コンストラクターズランキングで昨季の年間6位を上回ること、接戦の中団グループのなかでこれを実現できれば、アルファタウリ初年度の戦いは成功の評価を得ることになるだろう。

この改名新陣営は日本から特段に大きな注目を集めてもいる。昨年の日本GPではホンダ国内戦線のエースである山本尚貴が金曜のフリー走行1回目にトロロッソから出走。いま最も日本人選手にとって“近い”チームといえるのがアルファタウリ・ホンダだからだ。とはいえ決して簡単な話でもないのだが、今年も日本勢がF1のレースウイークでステアリングを握るシーンの実現を期待したい(現段階でライセンス的な状況等を考慮した場合、実現するならば、やはり候補筆頭は山本か?)。

またアルファタウリという名称の登場は、既存の別チームである「アルファロメオ」との混同というややこしい面を特に日本にもたらすかもしれない。スペル的にはアルファタウリがALPHA TAURIで、アルファロメオはALFA ROMEO。しかし日本語的には文字として「アルファ」が被る格好になってしまう。一般的にアルファロメオをアルファと略すこともあるわけだが、F1においてこれはできない芸当となった。

2020年F1世界選手権の開幕戦は3月15日決勝のオーストラリアGP。その前には2月19~21日と26~28日にスペインのバルセロナで2回、計6日間の合同テストがスケジュールされている。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV