音にしびれる…ヤマハの電動モーター、既存量産四輪車に搭載してテスト走行[動画]

ヤマハが開発中の電動モーターユニット
ヤマハが開発中の電動モーターユニット全 7 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機(Yamaha)は、四輪車を含めたモビリティ向けに業界最高クラスの出力密度を実現した電動モーターユニットの試作開発受託を開始した。この電動モーターを搭載したテスト車両の映像を公開している。

ヤマハのテスト車両は、既存の量産四輪車からエンジンなどの駆動系を下ろし、モーターなどの電動パワートレインを組み込んだ。ヤマハの電動モーターユニットは、エンジン開発で培った技術や感性により、ヤマハらしいエモーショナルなパワーユニットの創造を目指して開発。

エンジン開発で培った鋳造技術や加工技術、高効率なセグメントコンダクタの採用を活用して作られたパワートレインは、コンパクトながら高い出力を実現しているという。最大出力は48hpから272hpまで、幅広いパワー特性に仕上げることが可能だ。テスト車によるテスト映像からは、スポーティなEVサウンドが聴き取れる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YZF-R1(2020年モデル)
  • ヤマハ発動機 袋井南工場 生産ライン
  • ヤマハ発動機 F/FL425A
  • ヤマハ発動機 日高祥博 社長
  • メルセデスベンツ Cクラスセダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XF 改良新型 LWB 開発車両 スクープ写真
  • BMW M3 CS 新型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ