トヨタ、レンタカーサービスのクラス体系と料金をリニューアル 4月1日より

トヨタ・レンタカー
トヨタ・レンタカー全 4 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、4月1日よりレンタカーサービスのクラス体系および料金をリニューアルすると発表した。

従来の「所有」だけでなく「利活用」のニーズが高まる中、トヨタは全国のトヨタレンタリース店とともに、レンタカーサービスやカーシェアなど、顧客ニーズに合ったモビリティサービスの提供に取り組んでいる。

今回のレンタカーサービスのリニューアルでは、「P1」や「HV1」など記号で表記していたクラス名称を「エコノミー」や「スタンダード」などの日本語表記に変更した。また「ハイブリッド車」と「乗用車」を統合し、これまでの計9クラスから計5クラスに再編。走る楽しさを体感できる「スポーツクラス」は、スポーティさに加え特別感を楽しめる「スペシャリティクラス」に再定義し、『86』や『MIRAI』を設定した。

また、クラス再編により1クラスあたりの保有台数を増加させ、満車による予約不可を低減。ワゴン・SUV・乗用車などの車両カテゴリーや、法人会員などの会員登録状況に応じて異なっていた車種指定オプション料金を1100円に統一した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型ヤリス&フィットの登場でコンパクトカーの勢力図は変わるか?
  • トヨタ パッソ モーダ チャーム
  • 協業イメージ
  • トヨタ自動車本社(参考画像)
  • ポルシェ マカン 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ グランドチェロキー 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ