イメージ激変! トヨタ RAV4、七変化…大阪オートメッセ2020

ロードハウスのデモカーとして登場したカディス エクストリームRAV4。オーバーフェンダーやルーフレールラックを備え、5インチアップのフォルムを備えたオフ志向の一台。
ロードハウスのデモカーとして登場したカディス エクストリームRAV4。オーバーフェンダーやルーフレールラックを備え、5インチアップのフォルムを備えたオフ志向の一台。全 20 枚写真をすべて見る

車両販売台数を順調に伸ばしヒットを続けるトヨタ『RAV4』。カスタムベースとしての人気も高く、多くのアフターパーツメーカーがオリジナルパーツを投入中だ。

そこで大阪オートメッセ2020(2月14~16日に開催)に登場したRAV4に注目。そのスタイリングやモディファイの手法を探ってきた。

そもそもRAV4はSUV色の強いモデルとしてリリースされているため、オンロード色の強いカスタムにもアウトドアテイストのモディファイにも適しているのが強み。実際に大阪オートメッセの会場を取材していてもエアロパーツ+大径ホイールのスタイリッシュなフォルムを強調したカスタム手法と、グリルバーやリフトアップなどを用いたアウトドア志向のカスタムが同居しているのがわかる。

パーツ選び次第ではどちらのスタイリングにもカスタマイズできるのもRAV4の魅力なのだ。足まわりならロワードするかリフトアップするか、大径ホイールなのかオフロード系のごついホイールなのか、自由自在にカスタムパーツを選べるRAV4はカスタムしがいのあるベース車と言えるだろう。ヒットを続けるRAV4なので各メーカーからのパーツデビューも今後ますます増える傾向と考えられ、ドレスアップ派には見逃せない車両となっている。

《土田康弘》

この記事の写真

/

ピックアップ