ホンダアクセス、Modulo SUPER GT参戦マシンのカラーリングを公開

Modulo NSX-GT<#64>
Modulo NSX-GT<#64>全 2 枚写真をすべて見る

ホンダアクセスは2月18日、タイトルスポンサーとしてサポートするSUPER GT GT500クラスに参戦する「Modulo Nakajima Racing」とGT300クラス参戦の「Modulo Drago CORSE」のマシンカラーリングを公開した。

#64「Modulo NSX-GT」と#34「Modulo KENWOOD NSX GT3」のカラーリングデザインは、ホンダアクセスのデザイナーが担当。2018年からスタートしたModuloのレースカラーである黒・赤・白を基調に、カラーリングテーマである「ダイナミック」を継承。昨シーズンのサーキットでの走行シーンを検証し、レース中も、車体の特徴を捉えられるよう視認性を高めたパワフルで洗練されたデザインに仕上げている。

また、2020年よりGT500クラスに採用される新レギュレーションによる「NSX-GT」の新パッケージ投入に伴い、Modulo NSX-GTは、2019年マシンで車体全体に点在していた白色の部分を前方から後方まで延長。後方に風が抜けるようなイメージと伸びやかさを表現した。またリアウイングも白くすることで車体のワイド感を強調し、迫力のあるシルエットを実現した。

実車は、3月7日・8日に鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス 2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で披露。両チームのドライバーに加え、今シーズン「Moduloスマイル」としてModuloチームをサポートする永原芽衣と瀬谷ひかるも参加を予定している。またホンダアクセスプレスインフォメーションサイトでの「Modulo Nakajima Racing」と「Modulo Drago CORSE」のレースダイジェストやドライバーコメントなどの動画コンテンツの継続発信に加え、新たにModuloチーム応援サイトを3月7日に開設する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ S2000 20周年記念純正アクセサリー装着車
  • ヴェゼル・ハイブリッド・モデューロX
  • 神奈川県江の島海岸(5月2日)
  • 県外への移動自粛要請解除後、夏の海岸線を一緒にドライブしたい芸能人
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ