ジープ チェロキー、標準装備見直しでプレミアム感向上 価格は449万円より

ジープ チェロキー
ジープ チェロキー全 6 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、ジープのミッドサイズSUV『チェロキー』の仕様・装備を見直し、商品力を向上。全国のジープ正規販売店を通じて販売を開始する。

チェロキーは、卓越したオフロード性能と実用性の高さでジープの歴史を支えてきた中核モデルだ。現行モデルは第4世代目にあたり、2018年10月のマイナーチェンジでは、新世代デザインを採用するとともに装備を充実。今回の仕様変更では、快適性や機能性を高めた。

グレード構成は従来通り、ベースグレードの「ロンジチュード」、悪路走破性に優れた「トレイルホーク」、快適装備が充実した「リミテッド」の3モデルを展開。ロンジチュードとトレイルホークは、シート表皮をファブリックからレザーへとアップグレードしたほか、フロントシートヒーターを追加。またリアシートのスライド機構やセキュリティアラーム(盗難発生警報装置)を新たに装備した。加えて、ロンジチュードはリアディープティンテッドガラス(後部プライバシーガラス)を装備し、商品力を高めた。

価格はロンジチュードが449万円、リミテッドが496万円、トレイルホークが499万円。

ジープ チェロキージープ チェロキー

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ