運転挙動を反映するテレマティクス自動車保険…北米でトヨタコネクティッドカー向けに TIMSなどを開発

トヨタ・カローラ
トヨタ・カローラ全 2 枚写真をすべて見る

Toyota Insurance Management Solutions USA, LLC(TIMS)と米国大手保険会社Nationwideは、北米トヨタが展開するコネクティッドカーを対象に、運転挙動反映型テレマティクス自動車保険「BrightDrive」を共同開発し、販売を開始したと発表した。

TIMSは、あいおいニッセイ同和損保とトヨタファイナンシャルサービス(TFS)およびトヨタ自動車が共同出資し、2016年4月に設立。あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス自動車保険、TFSの金融とトヨタコネクティッド(TC)の最先端のデータ分析など、各社のノウハウを集約させることで、最適なテレマティクス保険サービスを提供することを目指している。

トヨタのコネクティッドカーは、年々対象モデルが拡大しており、車両から得られる走行データや運転挙動データなどのビッグデータが蓄積されている。今回、これらビッグデータを活用し、米国大手保険会社Nationwideと共同でTIMSブランドテレマティクス自動車保険「BrightDrive」を開発した。

BrightDriveは、トヨタのコネクティッドカー向けテレマティクスサービス「Connected Services」の1サービスとして提供。コネクティッドカーから集めたデータを活用して、ドライバーの安全運転度合に基づき保険料の割引を適用する。

まず、運転データの利用に同意することで、加入時から次回更新時まで10%の保険料割引を適用する。加入後90日間は、運転挙動のモニタリング期間の安全運転度合に基づき、次回更新時に最大40%の割引を適用。さらに万が一の事故の際には、トヨタ純正部品による高品質な修理を提供する。

あいおいニッセイ同和損保では今後、テレマティクス技術を活用し、保険面での協業を国内外で強化。日本・米国・欧州・中国・東南アジアの5極を中心として、グローバルにテレマティクス・モビリティサービス事業を展開し、特色ある個性豊かな会社の確立を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • イトヨタインシュアランスマネジメントのタリア支店Mario La Femina CEO
  • 電磁誘導線を使った自動運転車
  • スクリューの形をした瀬戸内の粟島
  • 4者による包括連携協定の締結式
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV