ホンダ グロム、カラーリング変更…シャープなイメージの2020年モデルを3月13日発売

ホンダ グロム(ロスホワイト)
ホンダ グロム(ロスホワイト)全 3 枚写真をすべて見る

ホンダは、125ccスポーツバイク『グロム』のカラーリングを変更し、3月13日に発売する。

グロムは、コンパクトで扱いやすい車体サイズに124cc空冷単気筒エンジンを搭載。倒立フロントサスペンションや前後ディスクブレーキなど本格的な足回りを備え、若者をはじめ大型二輪ユーザーのセカンドバイクとしても支持されている原付二種モデルだ。

今回、スポーティなロスホワイトと、精悍なマットアクシスグレーメタリックの2色のカラーバリエーションを設定した。

両カラー共通の変更点として、エッジの効いたストライプを施すことで、よりシャープなイメージを表現。また、前後ホイールとエンジン右側面のカバー、リアサスペンションスプリングをブラック塗装とすることで全体的に引き締まった印象を与え、ブレーキキャリパーにはレッドを採用することで、足まわりにワンポイントのアクセントを与えている。

さらにロスホワイトは、サイドカバーやリアカウルをレッドとすることで、スポーティで情熱的な印象を付与。マットアクシスグレーメタリックは、グレーとゴールドを組み合わせることで、精悍さと高級感を与えている。

価格は36万3000円。

動物・ペットのリアルを伝える新メディア 「REANIMAL」(リアニマル)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV