大阪の南北を貫く空港アクセス路線「なにわ筋線」が認可 2031年春の開業を予定

JRの関空アクセス特急『はるか』。現在は大阪環状線(西九条)経由だが、なにわ筋線の完成後は同線経由に変更され、所要時間を短縮する。
JRの関空アクセス特急『はるか』。現在は大阪環状線(西九条)経由だが、なにわ筋線の完成後は同線経由に変更され、所要時間を短縮する。全 3 枚写真をすべて見る

国土交通省近畿運輸局は2月28日、第3セクターの関西高速鉄道から出されていた「なにわ筋線」の工事施行認可申請を同日付けで認可したと発表した。

なにわ筋線は、東海道本線貨物支線(梅田貨物線)上に建設される北梅田駅(大阪市北区、仮称)と、JR難波駅(大阪市浪速区)や南海電気鉄道(南海)新今宮駅(大阪市浪速区・西成区)を結ぶ約7.2kmの路線で、途中、中之島・西本町・南海新難波(いずれも仮称)の3駅が設置される。

このうち、北梅田駅を出て、西本町駅から先の道頓堀川手前の分岐点までJR西日本と南海の列車が線路を共用。途中、中之島駅では京阪電気鉄道(京阪)中之島線、西本町駅では大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)中央線、南海新難波駅では大阪メトロ千日前線・御堂筋線、近畿日本鉄道(近鉄)難波線と接する。

上下分離方式で運営され、大阪府・大阪市・兵庫県・尼崎市といった自治体や、JR西日本などの民間企業からなる関西高速鉄道が路線の設備などを保有・管理する第3種鉄道事業者、JR西日本と南海が運行を担う第2種鉄道事業者となる。

事業期間は2019~2031年度で、2031年春の開業を予定。総事業費は約3300億円。

なにわ筋線は、構想された1982年から38年が経過してようやく工事がスタートすることになり、開業後は、JR西日本の『はるか』、南海の『ラピート』といった空港アクセス特急が、なにわ筋線を通して相互に乗り入れ、大阪の南北交流促進や関西空港へのアクセス強化などが図られる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ