BMW 118i など、保安基準を満たさないおそれ リコール

BMW 118i
BMW 118i全 2 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は3月2日、BMW『118i』および『M135i xDrive』のボディドメインコントローラー(BDC)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2019年7月6日~11月26日に製造された2715台。

対象車両はBDCのプログラムが不適切なため、デイライトを点灯させている時にテールライトを単独で点灯させてもメーターパネル上に灯火器が作動していることを示す表示灯が点灯しない。そのため、保安基準第37条(尾灯の基準)に適合しないおそれがある。

改善措置として、全車両、BDCのプログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本国からの報告により、リコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW 1シリーズ の「128ti」のプロトタイプ
  • BMW 2シリーズ
  • 【トップギア】懐かしのライバル対決!BMW 130i 対 フォルクスワーゲン Golf R32 徹底比較
  • BM-F3-CPMS ※市販オプションパーツ組み合わせ例
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ