車体が伸縮するEV、ルノーのコンセプトカー『モルフォズ』

短距離と長距離向けで車体の全長が400mm変わる

手を振ればドアロックが解除されドアが自動的に開く

レベル3の自動運転が可能

ルノー・モルフォズ
ルノー・モルフォズ全 23 枚写真をすべて見る

ルノーグループ(Renault Group)は3月2日、次世代のEVコンセプトカーのルノー『モルフォズ』(Renault MORPHOZ)を発表した。中止になったジュネーブモーターショー2020で発表される予定だった1台。

ルノーグループは欧州において、EVなどの電動車の販売で主導的地位を確立している。ルノーグループは、将来のモビリティのビジョンを示すEVコンセプトカーとして、モルフォズを発表した。

ルノーグループは、EVコンセプトカーのモルフォズを発表することにより、将来のモビリティのビジョンを提示する。このコンセプトカーは、個人のニーズや用途にパーソナライズするために、すべての限界を取り払う。ルノーグループによると、モルフォズの考え方は、今後数年のうちに登場するルノーの新型車の先駆けになるという。

短距離と長距離向けで車体の全長が400mm変わる

モルフォズには、ルノー日産三菱アライアンスのEV向け新開発モジュラープラットフォームの「CMF」を利用する。モーター出力、バッテリー容量、航続に異なるスペックを設定できるだけでなく、車体の長さも使用目的に応じて、変えることができる。フロントフェンダーとリアエンドが、伸縮可能なデザインを採用している。ルノー・モルフォズ

「シティバージョン」は全長が4400mm、ホイールベースが2730mm。蓄電容量40kWhのバッテリーが搭載されており、1回の充電で最大400kmの航続を可能にした。ルノーによると、都市や郊外での毎日の使用に充分という。

「トラベルバージョン」では、全長が4800mm、ホイールベースが2930mmに延びる。シティバージョンに対して、全長は400mm、ホイールベースは200mm長い。高速道路などの長距離走行に対応しており、フロントエンドなどが空力性能を向上させるデザインに変わる。室内空間も、2つのスーツケースを収納できるスペースに加えて、乗客用の足元スペースが広がった。バッテリーも、大容量を搭載することができる。

「トラベルエクステンダー・バッテリーパック」は、バッテリーの蓄電容量を50kWh追加し、合計で90kWhにできる。これにより、1回の充電での航続を、最大700kmに引き上げた。バッテリーステーションでは、車両のアンダートレイが開き、数秒で追加のバッテリーを取り付けることができる。また、不要なバッテリーを取り外し、40kWhの蓄電容量のシティバージョンに変更することも可能だ。ルノー・モルフォズ

手を振ればドアロックが解除されドアが自動的に開く

未来的なステアリングホイールは、中心部に10.2インチの画面があり、主要な走行情報や安全情報を表示する。手動運転モードや自動運転モードでは、インストルメントパネルがダッシュボードからスムーズに出現し、走行に関する情報やマルチメディアなどが、L字型の画面に表示される。

AI(人口知能)が乗車する前に作動し、センサーが接近中のドライバーを検出し、認識する。ドライバーは手を振って、「ウェルカムシーケンス」を有効にする。これにより、ドアのロックが解除され、ドアが自動的に開き、ドライバーの好みと気分に合わせて、室内照明が自動的に調整される。スマートフォンの専用ホルダーがあり、メインデータソースとして機能する。 AIは、スマートフォンからのデータと情報を利用して、タスクを実行する。

またAIは、外部センサーからのリアルタイムデータと車載カメラからの映像により、ドライバーが車両の周囲を確認することができるようにする。ドアと窓部分のライトは、ドライバーの死角に歩行者や自転車がいることを示す。ルノー・モルフォズ

レベル3の自動運転が可能

車両へのアクセスには、デジタルキーとして機能するスマートフォンも使用できる。これにより、キーを交換することなく、他のユーザーとカーシェアリングが行える。ドライバーは、一定の期間、車両にアクセスできるロック解除コードを受け取る。

乗車すると、ドライバーと乗員のスマートフォンが自動的に検出され、各乗員が座席のスピーカーから、お気に入りの音楽を聴くことができる。自宅で計画した走行ルートは、ナビシステムによって自動的に選択される。

レベル3の自動運転機能が装備されている。高度な技術により、ドライバーは、高速道路や渋滞などの状況において、ステアリングホイールから手を放し、自動運転を行うことができる。
ルノー・モルフォズ

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV