日本無線、船舶の接近を知らせる「海の安全安心アプリ」をリリース

JM-Watcher II
JM-Watcher II全 7 枚写真をすべて見る

JRC日本無線は、船舶の接近や地震・津波による危険を通知する海の安全安心アプリ「JM-Watcher II」を開発し、3月5日よりダウンロード提供を開始する。

近年、海上保安庁の取り組みにより海難事故は減少しているが、船舶事故が依然として多く、その7割がプレジャーボート、漁船などの小型船舶だ。特に普段操船していないプレジャーボートユーザは、急な周囲状況変化に対応できず事故に遭遇することがある。

JM-Watcher IIでは、同アプリをインストールしたスマホを搭載している「スマホ船」や船舶自動識別装置を搭載する「AIS船」の位置情報を表示。周囲の船舶状況がわかるほか、接近した際は衝突の危険を音声で知らせ、船舶衝突事故低減を支援する。また、地震や津波も速報で通知するほか、リアルタイムの風向・風速などの気象情報の閲覧、自船の進行方向表示機能を備え、より安全安心な航海のサポート、マリンレジャーの安全安心に貢献する。

JRC日本無線は今後、JM-Watcher IIに、定置網警報、事故ハザードマップの表示、AIによる衝突・接近予測、背景地図を海図に変更などの機能を追加し、さらなる航海の安心安全、海洋の事故ゼロを目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 飛行実証試験のイメージ
  • 定置式ドライビングシミュレーター
  • 自主改善の内容
  • 日本無線が実施するAIを活用して信号制御を高度化する研究の概要
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV