日産 エクストレイル ハイブリッド、2万6000台をリコール 走行不能になるおそれ

日産 エクストレイル 20Xハイブリッド(2017年)
日産 エクストレイル 20Xハイブリッド(2017年)全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車は3月6日、『エクストレイル』のハイブリッドパワートレインコントロールモジュール(HPCM)に不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年3月28日~2019年8月23日に製造されたハイブリッド車2万6908台。

対象車両はHPCMのモータ駆動力制御プログラムが不適切なため、エンジンコントロールユニット(ECU)との通信異常が発生。フェールセーフ状態に移行した際、動力が伝達されなくなり、一時的に走行不能に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、HPCMのモータ駆動力制御プログラムを改善プログラムに修正する。

不具合は79件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 ローグ 新型
  • ZFの先進運転支援システム(ADAS)向け新世代カメラ「S-Cam4.8」
  • 日産ローグ新型(北米市場向け2021年型)
  • 日産エクストレイル初代
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV