ホットウィール、国産旧車カスタム5モデル発売へ…コスモスポーツやサニトラなど

カーカルチャー ジャパンヒストリクッス3
カーカルチャー ジャパンヒストリクッス3全 11 枚写真をすべて見る

マテル・インターナショナルは、ダイキャストミニカー「ホットウィール(HW)」のミニカーコレクション「カーカルチャー アソート」より、日本の旧車のみで構成した「カーカルチャー ジャパンヒストリックス3」を3月中旬より発売する。

ホットウィールは、1968年に販売を開始した販売台数世界一の米国ダイキャストカ―ブランド。発売以来、60億台を製造し世界中の子どもたちに親しまれ、現在ではコレクターアイテムとしても発展し、大人から子どもまで、幅広い年齢層に支持されている。

新製品「カーカルチャー ジャパンヒストリクッス3」は、 2016年の発売直後すぐに完売した日本旧車モデルだけを集めた「ジャパンヒストリックス・シリーズ」の第3弾。カーカルチャー・シリーズアイテムはいずれもゴム系のリアルライダー・タイヤとダイキャスト製のシャシーを備え、ズシリとした重厚感が特徴だ。

シリーズの目玉は新金型でデビューする「'68 マツダ コスモスポーツ」と「'75 ダットサン サニートラック」。コスモスポーツは、フロントバンパーを外すなど、走りに特化した車体構成に仕上げている。サニートラックは、よりワイドなタイヤを履かせるためにオーバーフェンダーを取り付け、適正サイズよりも細いタイヤを履かせる「引っ張りタイヤ」とし、インパクトのあるカスタムを施している。そのほか、「'85 ホンダ シティターボII」、「ニッサン スカイラインRS(KDR30)」、「ニッサン シルビア(CSP311)」をラインアップする。

サイズはW13.3×D3.5×H16.5cm。価格(税別)は各700円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ