【CESアジア2020】開催延期を決定、新型コロナ感染拡大を考慮

CESアジア(イメージ)
CESアジア(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

全米民生技術協会(CTA)は、6月10日から12日の3日間、中国・上海で開催予定だった「CESアジア2020」の延期を決定した。

CESアジアは、車載技術をはじめ、5G、人工知能(AI)、拡張・仮想現実、ドローン、小売およびeコマース、ロボットなど、コンシューマー技術業界を代表するイベント。昨年は中国をはじめ、世界各国から550社が出展。各社の最新製品・技術が紹介された。

今回の延期決定は、世界各地で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染が拡大している中、出展企業、バイヤー、報道関係者、登壇者などへの影響を考慮したもの。延期時期など、詳細は後日アナウンスされる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • CES 2020でプレゼンテーションするトヨタ自動車の豊田社長
  • JVCケンウッドがかかげる2030年までの向こう10年間の企業ビジョン
  • プレスカンファレンスに登壇した代表取締役社長の仲井嘉浩氏(CES 2020)。
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV