ポルシェ初のEV、『タイカン』をVR体験…世界規模で販売店に導入へ

ポルシェの「タイカン VR エクスペリエンス」
ポルシェの「タイカン VR エクスペリエンス」全 4 枚写真をすべて見る

ポルシェは3月9日、VR(バーチャルリアリティ)を使用して、ポルシェ初の市販EVの『タイカン』(Porsche Taycan)をデジタル体験できるサービスを、世界規模で販売店に導入すると発表した。

このサービスは、「タイカン VR エクスペリエンス」と呼ばれる。VRゴーグルを装着することにより、まるでタイカンの実車が目の前にあるかのように、リアルに見ることができる。

ゴーグルを装着したユーザーは、タイカンのボディラインをトレースして、ポルシェならではのスタイリングを体験できる。タイカンのエアロダイナミクス性能は、空気の流れを重ね合わせてシミュレートされる。さらに、内外装を細かく観察し、ボディカラーの仕上げをカスタマイズすることもできる。

タイカンはポルシェの新しい時代の始まりであり、EVスポーツカーを体験できるように、ポルシェは最新のデジタル技術を導入した。ポルシェによると、ディーラーを訪れる顧客の情報に対するニーズは膨大であり、新型車の発売前でもVRエクスペリエンスによって、顧客のニーズを満たすことができるという。

タイカン VR エクスペリエンスはまず、ドイツ語と英語の2つの言語に対応し、およそ100か所のポルシェ販売店に導入された。中国語やフランス語などの言語版が、今後数か月で追加される予定だ。

ペットのリアルを伝えるメディア 「REANIMAL」(リアニマル)誕生

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュ社長とタイカンターボ
  • ポルシェ・タイカンの急速充電器
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェジャパン、チャージングマップ
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ