ダイハツ、ミライース など4万6000台をリコール ハンドルがガタつくおそれ

ダイハツ・ミライース
ダイハツ・ミライース全 2 枚写真をすべて見る

ダイハツは3月12日、『ミライース』など8車種について、ステアリングに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ダイハツ『ミライース』『ムーヴ』『キャスト』『ミラ トコット』、トヨタ『ピクシス エポック』『ピクシス ジョイ』、スバル『プレオ プラス』『ステラ』の8車種で、2019年2月18日から7月26日に製造された4万6845台。

ステアリングホイールとステアリングコラムの取付け作業が不適切なため、走行中のハンドル操作等により、取付けナットが緩み、嵌合部にガタが発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ガタが大きくなり、最悪の場合、嵌合部が外れ、ハンドル操作ができなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ステアリングホイールの取付け状態を点検し、取付けナットを規定トルクで締付ける。なお、取付け状態に異常が認められる場合は、ステアリングホイールを正しく取付ける。

改善箇所改善箇所

不具合は3件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  3. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  4. 【洗車機の謎 Vol. 1】えっ、トヨタ『WiLL-Vi』が洗車機を破壊するってホント!?
  5. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  6. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  7. ランボルギーニ『カウンタックLP500』、1台限りで甦る…シェイクダウン完了
  8. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  9. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  10. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
ランキングをもっと見る