横浜ゴム、世界各地のレースにADVANレーシングタイヤを供給…2020年モータースポーツ活動計画

全日本スーパーフォーミュラ選手権で使用されているADVANレーシングタイヤ
全日本スーパーフォーミュラ選手権で使用されているADVANレーシングタイヤ全 11 枚写真をすべて見る

横浜ゴムは3月12日、2020年のモータースポーツ活動計画を発表。今年もトップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるレースに参戦していく。

2016年からワンメイク供給を開始した全日本スーパーフォーミュラ選手権では、2020年もADVANレーシングタイヤを継続供給する。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。タイヤサイズはフロント用が270/620R13、リア用が360/620R13。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権にも、ADVANレーシングタイヤをワンメイク供給する。同シリーズはこれまで全日本F3選手権が果たしてきた「トップドライバーへの登竜門」としての役割を継承し、2020年よりスタートする新シリーズ。供給するタイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。タイヤサイズはフロント用が200/50VR13、リア用が240/45VR13。

SUPER GTは、GT500で2019年に引き続き、KONDO RACING(NISSAN GT-R NISMO GT500)、TGR TEAM WedsSport BANDOH(TOYOTA GR Supra GT500)、TEAM MUGEN(Honda NSX-GT)の3チームをサポート。GT300でも、ヨコハマタイヤユーザーを支えていく。

このほか、ニュルブルックリンク24時間レース参加車両や、TCRリージョナル選手権、ナショナル選手権など、世界各地のレースにADVANレーシングタイヤを供給する。

ペットのリアルを伝えるメディア 「REANIMAL」(リアニマル)誕生

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ