自動車保険は「特約」にこそメリット…少ない出費で大きな補償[マネーの達人]

自動車 ビジネス 国内マーケット
「自動車保険」は特約部分にこそメリットあり。「少ない出費で大きな補償」を得られる「2つの特約」
「自動車保険」は特約部分にこそメリットあり。「少ない出費で大きな補償」を得られる「2つの特約」 全 1 枚 拡大写真

自動車保険は任意加入ですが、最近では加入することがユーザーの義務となりつつあります。


補償内容はしっかり確認しつつも、特約部分に関しては「保険料の節約ポイント」ととらえて注意していない契約者の方は意外と多いものです。


しかし、この特約部分こそが契約者にとって大きなメリットとなり、節約にもつながる場合があるのです。


今回は、節約につながる特約について解説していきます。


自動車保険の特約とは



自動車保険のご案内

自動車保険は、自動車事故で受けた損害を自賠責保険で賄えない場合に損害を補填するための商品です。


自動車保険には主軸になる補償があり、この補償を「基本補償」といいます。


基本補償は、保険会社によって内容に違いがあります。


各保険会社は、基本補償を手厚く補償するためのオプションとして「特約」という補償を構えているのです。


よく耳にする特約を挙げていきます。


・ ファミリーバイク特約(人身型)

・ ファミリーバイク特約(自損型)


・ 弁護士費用特約


・ 個人賠償責任特約


・ ロードアシスト特約


・ 事故・故障時代車費用特約


・ 自転車傷害特約


・ 傷害一時費用不担保特約



この他にもさまざまな特約があります。


弁護士費用特約や対物超過特約などは、任意付帯ではなく自動付帯になっている保険会社もあります。


これらの特約の中で、特に自動車保険の特約としてつけておくと安心、節約できるものを2つ紹介していきます。


1. 手厚い補償で節約できる「個人賠償責任特約」


個人賠償責任特約とは、日常生活の中で起きてしまった偶然の事故によって、他人にケガをさせたり、他人が持っているものを壊したりした場合など、損害賠償責任をとらなければならない時に、被害者に支払うべき損害賠償金などを補償してくれる特約です。


この特約をつけていれば、契約者本人はもちろんですが、


・ 本人と配偶者

・ 本人または配偶者と生計をともにする同居の親族


・ 本人または配偶者と生計をともにする別居の未婚の子



これだけの範囲の人を補償してくれるのです。


その保険料は各保険会社によって異なりますが、自動車保険に付帯された場合は、年間で2,000円程度です。


筆者の実体験


我が家では以前、子どもが学校のガラスを割ってしまったとこがありました。


学校のガラスは家庭のものとは違い値段が高く、3万円ほどの請求がきました


しかし、


個人賠償責任保険に加入していたので、自己負担はなく、保険料の引き上げもありませんでした。

2. いざという時に助かる「ロードアシスト特約」



レッカーサービス

自動車保険には事故だけはでなく、故障にも対応してくれる特約があります。


それがロードアシスト特約です。


・ 雨の日にワイパーが動かなくなった

・ バッテリーが上がってしまった


・ ウインカーが故障した



一見するとささいな故障にも思えますが、走行が危険な場合には、エンジンがかかっても自走はできません。


このような場合にレッカーを要請すると基本料金だけでも1万円近くかかります。


また、停車した場所から運搬場所までの距離が長いほどレッカー代金は上がります


これらを自己負担で払えば数万円かかりますが、ロードアシスト特約の保険料は年間2,000円程度です

レッカー代金の負担がなくなるうえに等級もノーカウントなので、レッカー会社に年会費を払うよりかなりお得です。


自動車保険は特約に着目して契約する


事故や車の故障で突然お金が必要になるといった状況は、誰にでも起こり得ます。


そのような時にこそ、お守りのつもりでかけていた保険に大きく助けられるのです。


先に挙げた個人賠償責任保険やロードサービス、自転車事故に対応した保険は、単独商品としても販売されていますが、自動車保険の特約に比べると割高である場合がほとんどです。


また、単体での傷害保険などは「契約者のみの補償」がほとんどですが、自動車保険の場合には契約者以外の家族も補償してくれます。


例えば、個人賠償責任保険やファミリーバイク特約のような場合には、家族が5人いれば全員が補償対象となるので格安と言えます。


自動車保険の内容をよく理解して、自分や家族に必要な特約をつけることで急な出費をなくせることもあるのです。


特約にも着目して自動車保険を契約しましょう。(執筆者:河野 みゆき)

「自動車保険」は特約部分にこそメリットあり。「少ない出費で大きな補償」を得られる「2つの特約」

《河野 みゆき》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【交通事故の被害】弁護士有無で示談交渉金に220万円の差 弁護費用を払っても依頼をすすめる理由
  • 【自動車保険料の節約】賠償保険は無制限がベスト 月100円の節約が仇となったAさんの事故事例
  • 【自動車保険】保険料を抑えられる「3年保険」よりも「1年保険」をすすめる理由
  • 月に数百円で万が一に備えられる「自転車保険」の選び方
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV