ダイムラー、年次株主総会を7月に延期…新型コロナウイルスの影響

ダイムラーのドイツ本社
ダイムラーのドイツ本社全 1 枚写真をすべて見る

ダイムラー(Daimler)は3月13日、4月1日に予定されていた年次株主総会を、7月に延期することを決定した、と発表した。

今回の決定は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染が世界規模で拡大していることを受けたものだ。ドイツの保健当局やロベルト・コッホ研究所は、感染者数が今後数週間で、大幅に増加すると予想している。

ダイムラーは、株主と従業員の健康、ならびに年次株主総会への来場者の健康を最優先事項としており、年次株主総会の7月への延期を決定した。

ダイムラーは、すべての参加者の健康を考慮し、年次株主総会の延期を決定した。今後の新型コロナウイルスの感染の状況を注視しながら、7月初旬の年次株主総会の開催を目指す、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツの次世代燃料電池トラックコンセプト、GenH2トラック
  • メルセデスベンツ GLS 新型
  • ダイムラーの主力車
  • ダイムラーのドイツ本社
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ