フィアット 500 新型、発売記念限定車の受注を欧州で開始…3万7900ユーロ

自然からヒントを得たボディカラー

セグメント初のレベル2の自動運転機能

家庭用電源に接続できる充電システム「Easy Wallbox」

フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」
フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」全 22 枚写真をすべて見る

フィアットは、新型『500』(Fiat 500)の発売記念限定車、「La Prima」(ラ・プリマ)の受注を欧州で開始した。イタリア本国価格は、3万7900ユーロ(約455万円)と発表されている。

ラ・プリマは、新型500の誕生を記念した限定車だ。特別なスタイル、装備、テクノロジー、コネクティビティを備えている。

自然からヒントを得たボディカラー

電動化されたEVになるのが最大の特長だ。ラ・プリマのデザインは、500の血統を明確に感じさせ、ディテールへのこだわりを表現しているという。サステイナブルな新型500をアピールするために、ボディカラーのラインアップは、自然からヒントを得た3色を設定している。3層コートのセレスティアルブルーは、空へのオマージュだ。パールコートのオーシャングリーンは、海を表現している。メタリックコートのミネラルグレイは、大地を連想させる色だ。

フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」

また、フルLEDヘッドライト、エコレザー張りのダッシュボード&シート、17インチのダイヤモンドカットホイール、クローム仕上げのウィンドウ&サイドパネルのインサートなども、ラ・プリマの装備の特長になる。ソフトトップにはモノグラム柄が採用され、シリアルナンバー入りの専用エンブレムが装備される。

セグメント初のレベル2の自動運転機能

フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」

ラ・プリマには、最新の先進運転支援システム(ADAS)が採用される。歩行者やサイクリストを検出する自動緊急ブレーキ、インテリジェント・スピードアシスタント、レーンコントロール、ダイナミックガイドラインを備えた高解像度リアビューカメラ、インテリジェント・アダプティブクルーズコントロール(iACC)、レーンセンタリング、オートヘッドライト機能と自動ハイ/ロービーム切り替え機構、エマージェンシーコール、エレクトリック・パーキングブレーキが装備されている。

さらに、セグメントで初めて、レベル2の自動運転機能を導入した。フロントフェイシング・カメラ・モニタリング・テクノロジーが、車両の全周を監視する。インテリジェント・アダプティブクルーズコントロール(iACC)は、検出された車両、自転車、歩行者などに対応して、アクセルやブレーキを操作する。レーンセンタリングは、道路の車線を検出できる場合、車両の位置をレーンの中央に維持する。

フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」

インテリジェント・スピードアシストは速度制限を検出して、それに従うことをドライバーに推奨する。アーバン・ブラインドスポットは、超音波センサーを活用して死角を監視し、障害物を検出した場合は、ミラーに設置された三角形の警告灯を点灯する。アテンションアシストは、長時間走行時にディスプレイに警告を表示し、休憩を取るようにドライバーに推奨する。360度センサーは、車庫入れ時や複数の切り返しが必要な場面において、バードビューを表示し、障害物を避けることができる。

家庭用電源に接続できる充電システム「Easy Wallbox」

フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」

コネクティビティの面では、新しい「UConnect 5」インフォテインメントシステムとして、7インチTFTディスプレイ、ラジオ、10.25インチのタッチスクリーン付きナビゲーション、デジタルオーディオ放送、ワイヤレス のApple「CarPlay」、グーグル「Android Auto」、「Telematics Box」モジュールなどを採用する。

ラ・プリマには、家庭用電源に接続できる家庭用固定チャージングシステムの「Easy Wallbox」が標準装備される。ENGIE EPSがFCAのために開発したこのシステムは、新型500の発売に合わせ、欧州ではFCAのパーツ&アクセサリー部門のMOPARが販売を行う。

フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」フィアット 500 新型の発売記念限定車「ラ・プリマ」

Easy WallboxはBluetooth経由で管理できるシンプルでアクセスが簡単なプラグ&チャージソリューションだ。最大出力3kWで充電することにより、家庭のエネルギー負荷を安定させ、電気技術者による設定も必要ない。さらに、Easy Wallboxは、出力を7.4kWまでアップグレードすることが可能だ。その場合は、およそ6時間でフル充電できる。公共充電ステーションを利用するための、Mode 3ケーブルも付属している。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  3. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  4. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  5. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  6. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  7. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  8. 【シトロエン C5エアクロスSUV PHEV 新型試乗】手玉をとられるばかりである…岩貞るみこ
  9. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  10. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
ランキングをもっと見る