ナンバーは「SPY」…メルセデス版『カングー』の姿をスクープ!次期型の進化は

メルセデスベンツ シタン次期型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツ シタン次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 22 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツのコンパクトLCV(商用車)、『シタン』次期型プロトタイプを、スウェーデン北部でスクープした。2019年8月にルノー日産三菱アライアンスと共同開発でシタン次期型を開発するとアナウンスしており、これが初めて捉えたプロトタイプとなる。

2012年から発売されているシタンは、ルノー『カングー』をベースとし、多くのコンポーネントを共有するLCVで、『Aクラス』をベースとしていた同社の『バネオ』の後継モデルにあたる。

捉えた開発車両のナンバーは、カメラマンをからかうように「SPY」の文字が確認できるが、厳重なカモフラージュのため、グリルさえもその形を見ることはできない。しかし、次期型では、一見してメルセデスベンツと認識できるエクステリアとなる。ルノー『カングー』、ダチア『ドッカー』と3兄弟となることが確認されている。

貨物スペースの改善はもちろん、キャビン内では、最新のインフォテイメントシステムや安全支援システムなどのテクノロジーが導入されるだろう。

予想されるパワートレインは、ルノー最新世代の1.5リットル直列4気筒ターボディーゼル、最高出力80ps、95ps、116psを発揮するダイムラー/ルノーの1.3リットルdCiターボユニットがラインアップされる。また『カングー ZE』と共有するフルEVも期待できるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV