花咲線釧路~厚岸間は3月18日夜に再開…JR北海道の降雨・気温上昇被害

釧網本線茅沼~塘路間で発生した線路冠水。
釧網本線茅沼~塘路間で発生した線路冠水。全 2 枚写真をすべて見る

JR北海道で運行を見合わせている釧網本線東釧路~知床斜里間と根室本線(花咲線)釧路~根室間のうち、釧路~厚岸間が3月18日夜に再開する見通しとなった。

これらの区間では、3月10日来の低気圧接近による降雨や気温上昇により線路冠水や土砂流入、路盤流出などの被害が確認され、運行を見合わせていた。花咲線釧路~厚岸間の再開は下りが釧路20時35分発、上りが厚岸22時8分発からとなる。

それ以外の区間では「現在も水が引いていない箇所があり、被災箇所の復旧作業・安全確認には時間を要することから、現時点での全区間の運転再開は少なくとも1箇月以上と想定しております」とされており、運行見合せを継続。代行輸送は行なわれていない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。
  • 2019年10月の台風被害で浸水した長野新幹線車両センターのE7系。JR東日本が保有する8編成がすべて廃車となった。

ピックアップ