センターロックホイール装備…ポルシェ ケイマンGT4「RS」は450馬力へ

ポルシェ ケイマンGT4 RS 開発車両(スクープ写真)
ポルシェ ケイマンGT4 RS 開発車両(スクープ写真)全 24 枚写真をすべて見る

ポルシェのエントリークーペ『ケイマン』に設定される最強モデル『ケイマンGT4 RS』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

2019年9月にもニュルブルクリンクでテスト車両をキャッチしたが、最新プロトタイプでは以前の5穴式からセンターロックホイールに変更されているほか、ブレーキキャリパーはイエローからレッドへ、『911GT3』並みの巨大リアウィングは、コンパクトな通常の「GT4」リアウィングに取り替えられている。

ボンネットフードにあるエアダクトは塞がれているが、これはウィンターテストでブレーキ冷却が必要ないのと、豪雪で雪がはいらないように配慮されているとみられる。またリアサイドウィンドウの背後にあるルーバーは、ミッドマウントエンジンを冷却する目的がありそうだ。リアエンドでは、ツインエキゾーストシステムの位置変更はなく、ほぼ市販型とみていいだろう。

その心臓部には、4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載。「GT4」の420psより強化され、450psになると予想される。トランスミッションは「911GT3 RS」と同様にPDKデュアルクラッチのみの設定となる。

ワールドプレミアは、最速で2020年内、遅れれば2021年前半となりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ