GM、人工呼吸器の増産を支援…新型コロナウイルス

ベンテック・ライフ・システムズ社の人工呼吸器
ベンテック・ライフ・システムズ社の人工呼吸器全 3 枚写真をすべて見る

GM(General Motors)は3月20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、人工呼吸器を増産する取り組みを支援すると発表した。

GMは、人工呼吸器を製造する米国の医療機器メーカーのベンテック・ライフ・システムズ社と、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する活動を行う民間団体の「StopTheSpread.org」と協力。ベンテック・ライフ・システムズ社が、人工呼吸器を増産できるように支援していく。

具体的には、ベンテック・ライフ・システムズ社は、GMの生産、調達、物流の専門知識を活用しながら、人工呼吸器を増産する。StopTheSpread.orgは、全米のビジネスリーダーを結集し、米政府の新型コロナウイルスに対する取り組みを支援していく。

ベンテック・ライフ・システムズ社は、GMのノウハウを活用することで、より多くの人工呼吸器をより多くの病院に迅速に届けることを目指す。GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「GMは、新型コロナウイルスの感染拡大という危機に立ち向かう方法を模索し続ける」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GMと協力関係にあるEVgoの急速充電ステーション
  • シボレー・シルバラード
  • GMの米国本社
  • アルプスアルパイン
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ