BRTの自動運転、JR西日本とソフトバンクが共同開発…隊列走行を可能に 2020年代半ばに技術確立

隊列走行する自動運転BRTが走る将来イメージ。異なる自動運転車両が隊列走行。
隊列走行する自動運転BRTが走る将来イメージ。異なる自動運転車両が隊列走行。全 2 枚写真をすべて見る

JR西日本とソフトバンクは3月23日、「みんな(MI-NNA)の自動運転 BRTプロジェクト」と題した開発プロジェクトを開始すると発表した。

これは、JR西日本が20年後を視野に入れた「JR西日本技術ビジョン」を基に、シンプルでシームレスな交通サービス提供へ向けた「次世代モビリティサービス」検討の一環として、ソフトバンクと共同で進められるもので、2020年代半ばの技術確立を目標に、両者が持つノウハウや技術を共有しながら、バス高速輸送システム(Bus Rapid Transit=BRT)の専用道内で異なる自動運転車両が合流して、隊列走行を可能にするシステムを開発するとしている。

今後は4月末までに基本仕様を決定。その後、2020年度中に車両の発注や改造を行ない、滋賀県野洲市内にあるJR西日本網干総合車両所宮原支所野洲派出に設けるテストコースを着工。2021年度以降にテストコースでの実証実験を行なう予定。

JR西日本とソフトバンクは、このプロジェクトを通して次世代のモビリティサービスとともに「地域の関係団体などの計画的なまちづくりの取り組みと連携し、持続可能な交通サービス」も実現したいとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ