高級EVセダン市場に新たな一手…ジャガー XJ 最新プロトタイプをスクープ!

ジャガー XJ 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
ジャガー XJ 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)全 15 枚写真をすべて見る

EVとして生まれ変わるジャガーの最上級4ドアセダン『XJ』次世代型プロトタイプを、以前よりさらに鮮明にカメラが捉えた。大きく変わるフロントマスクの形状の一部が確認できる。

フィンランド北部でキャッチしたプロトタイプは、厳重なカモフラージュが施されており、相変わらずディテールは不明だ。しかし、初めてフロントマスク全体が露出。大きなグリル、ヘッドライト及びターンシグナルの位置を確認することができる。

ジャガー XJ 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
XJ次世代型のプラットフォームには、より軽量でEVと燃焼駆動の両方のドライブトレインをサポートできる「MLA」(Modular Longitudinal Architecture)を採用。プロトタイプからはアーチ型のフールラインがみてとれるほか、ボディの縫い目からリフトバックデザインや、フレームのないサッシュレスウィンドウ、サイドをスマートに演出するポップアップドアハンドルなどが予想される。

フルEVとなるXJのパワーユニットは、各ホイールに1基ずつ、最大4基のモーターを配置。90.2kWhのバッテリーパックを備え、最大292マイル(470km)の航続が期待できそうだ。

ワールドプレミアは2021年以降が有力で、オーストリアのマグナシュタイアで生産される『I-PACE』とは異なり、同社の英国「Castle Bromwich」(キャッスル ブロムウィッチ)工場での生産が予定されている。

高級EVセダン市場には、ポルシェ『タイカン』、テスラ『モデルS』を始め、先日スクープに成功したアウディ『e-tron GT』、メルセデスベンツ『EQS』など強力なライバルの発売も予想されており、熱い戦いがみられそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ