『のぞみ』台車トラブルを受けたJR東海の安全対策が進展…台車の温度検知システムを増強、空気ばね圧力の常時監視も

東海道新幹線N700系。
東海道新幹線N700系。全 4 枚写真をすべて見る

JR東海は3月26日、新幹線車両の台車異常を早期に発見する設備の導入を4月までに完了することを明らかにした。

これは2017年12月、博多発東京行き『のぞみ34号』で運用されていたJR西日本のN700系で発生し、重大インシデントに認定された台車亀裂トラブルを受けた取り組み。

JR西日本では、問題となった川崎重工業製の台車を交換したほか、すべての台車に対する超音波探傷による点検や目視による入念点検、東海道新幹線に設置されている台車温度検知装置の活用といった再発防止策が採られているが、JR東海では台車温度検知装置の数を3か所増の5か所とするとともに、各地点で測定した温度データを基に、複数の地点間の温度推移を監視して異常を早期検出するシステムの導入が3月25日に完了した。

このほか、台車に取り付けられている空気ばねの圧力を自動的に分析し、異常を検知した際に運転室へアラームを表示する「空気ばね圧力監視機能」の全編成への導入が4月10日に完了する予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV