レクサス LM、豊田合成の超大型スピンドルグリルを採用

レクサス LM の超大型スピンドルグリル
レクサス LM の超大型スピンドルグリル全 2 枚写真をすべて見る

豊田合成は3月26日、同社の超大型スピンドルグリルが、トヨタ自動車が中国で発売を開始したレクサス『LM』に採用されたと発表した。

レクサス LMは、レクサスブランド初のミニバン。トヨタ『アルファード』をベースに、2列4人乗りと3列7人乗りレイアウトを設定する。大型の液晶ディスプレイや冷蔵庫など、様々な快適装備を採用。最上級の空間を提供する。

これまで同社は、樹脂の成形技術、めっきや塗装などの加飾技術を駆使し、レクサスブランドのフロントマスクを大胆に装飾するスピンドルグリルを数多く手掛けてきた。今回、高級ミニバン市場に投入されたレクサス LMには、従来比約1.5倍の大きさを誇るスピンドルグリルを提供。フラッグシップミニバンに相応しい優雅で存在感のある車両デザインに寄与している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 写真はレクサス LM300h
  • レクサス LM300h(上海モーターショー2019)
  • VWの新型高級ミニバン「ヴィロラン」開発車両(スクープ写真)
  • レクサスLM(上海モーターショー2019)
  • メルセデス AMG E63 ステーションワゴン新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GT 73 開発車両
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)

ピックアップ