ACシュニッツァー、BMW X3M 新型をカスタマイズ…600馬力に強化

ノーマル状態で最大出力510hpを発生

パフォーマンスアップグレードキットは90hp上乗せ

エアロダイナミクス性能を向上

最大22インチのアルミホイールとスプリングキットを開発

ACシュニッツァーがカスタマイズしたBMW X3M 新型
ACシュニッツァーがカスタマイズしたBMW X3M 新型全 13 枚写真をすべて見る

ACシュニッツァー(AC Schnitzer)は、新型BMW『X3M』向けのカスタマイズプログラムを欧州で発表した。

ACシュニッツァーは、ドイツに本拠を置き、BMWのチューニングを手がけている。最近では、MINI、ジャガー、ランドローバーにも、チューニングの範囲を広げてきた。そして今回、新型BMW X3M向けのカスタマイズプログラムを欧州で発表している。

ノーマル状態で最大出力510hpを発生

新型X3Mは、新型『X3』の頂点に立つ高性能グレードだ。新開発の3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンを積む。最大出力は480hp/6250rpm、最大トルクは61.2kgm/2600~5600rpmを発生する。トランスミッションは8速「ステップトロニック」、駆動方式は4WDの「xDrive」だ。動力性能は、0~100km/h加速が4.2秒、最高速が250km/h(リミッター作動)。オプションの「Mドライバーズパッケージ」では、リミッターが解除でき、最高速は280km/hに到達する。

さらなる高性能を求める顧客には、『X3Mコンペティション』を用意する。3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力が30hp強化され、510hp/6250rpmを獲得する。最大トルクは61.2kgmと変わらないが、2600~5950rpmと高回転側のより幅広い領域で引き出される。X3Mコンペティションは、0~100km/h加速が4.1秒と標準モデルよりも0.1秒速い。最高速は250km/h(リミッター作動)。オプションのMドライバーズパッケージでは、リミッターが解除され、最高速は285km/hに到達する。ACシュニッツァーがカスタマイズしたBMW X3M 新型

パフォーマンスアップグレードキットは90hp上乗せ

新型X3Mの3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンには、ACシュニッツァーがパフォーマンスアップグレードキットを開発した。その内容は、エンジンコンピューターにチューニングなどが施される。

この結果、新型X3Mコンペティションがベースの場合、最大出力は510hpから600 hpへ、90hp強化される。最大トルクも61.2kgmから71.4kgmへ、10.2kgm引き上げられた。このパフォーマンスアップグレードキットには、最大4年間の保証が付帯している。ACシュニッツァーがカスタマイズしたBMW X3M 新型

エアロダイナミクス性能を向上

エクステリアには、エアロダイナミックパッケージを設定する。ACシュニッツァーが、フロントリップスポイラー、リアルーフスポイラー、リアルーフウィングを開発した。リアバンパープロテクション、ACシュニッツァーのエンブレムも装着される。これにより、見た目のスポーツ度が増すとともに、フロントおよびリアアクスルのダウンフォースを引き上げるという。

インテリアについては、ACシュニッツァーは高品質のアルミ製アクセサリーを開発した。フットレスト付きのペダルセット、キーホルダー、iDriveコントローラー用のブラックラインカバー、パドルシフトなどが用意される。ACシュニッツァーがカスタマイズしたBMW X3M 新型

最大22インチのアルミホイールとスプリングキットを開発

サスペンションには、スプリングキットを用意した。ドライビングダイナミクスを向上させるアイテムだ。このスプリングキットを装着した場合、車高はおよそ20~25mm下がる。これにより、コントロール性とロードホールディング性を引き上げるという。

このサスペンションに適合するように、ACシュニッツァーはエンジニアがテストしたホイール&タイヤの組み合わせを推奨している。20インチサイズのホイールは、バイカラーまたはアンスラサイトの「AC1」が装着できる。タイヤは、フロントが255/45R20サイズ、リアが265/45R20サイズを組み合わせる。

22インチサイズのホイールも用意した。バイカラーまたはアンスラサイトの「AC2」が選択できる。タイヤは、フロントが265/35R22サイズ、リアが275/35R22サイズを組み合わせている。

なお、新型X3M向けのすべてのACシュニッツァーパーツは、個々の部品として装着できる。

動物のリアル『REANIMAL』 > 飼いたいと思ってる方も

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV