西武線アプリがアップデート…車両設備がわかる機能を追加

西武特急 Laview
西武特急 Laview全 4 枚写真をすべて見る

西武鉄道は27日、公式スマートフォンアプリ「西武線アプリ」に、電車の車内設備(弱冷房車、優先席の場所、車いす・ベビーカースペースなど)の車両設備がわかる機能などを追加した、アップデート版を公開した。

車両アイコンをタップすると、西武線内を走る各車両の弱冷房車、優先席、ドア数、車椅子・ベビーカースペース、特急電車や40000系車両ではトイレやパウダールーム、AEDなどの設備を表示する(直通運転の他社線車両は除く)。

西武鉄道によると、鉄道アプリにおいて、全路線を対象にした車内設備の表示は初めてだという。

また、「駅に向かう途中で電車の発車時刻を確認したい」という要望に応え、ホーム画面に表示される発車標の表示列車本数を増設した。従来は1~3本の表示だったが、常時2~4本を表示、さらに後続の10本分の列車も表示できる。あわせて、自動更新機能(30秒毎)の追加により、常に最新情報を確認できるようにした。

西武線アプリは西武鉄道公式スマートフォンアプリとして2018年3月26日に配信を開始。使いやすいUIが評価され、ラッピング電車なども一目で確認できることから、鉄道ファンにも好評だ。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。
  • 「ありがとう万代口駅舎」惜別プロモーションのメインビジュアル。

ピックアップ