釧網本線の運行見合せは長期化…4月1日から代行バスを運行

釧網本線茅沼~塘路間で発生した線路冠水。
釧網本線茅沼~塘路間で発生した線路冠水。全 2 枚写真をすべて見る

JR北海道は3月30日、一部で運行見合せが続いている釧網本線で4月1日から代行バスを運行すると発表した。

同線では3月10日、低気圧通過に伴なう線路冠水や土砂流入、路盤流出が確認され、現在も東釧路~緑間で運行見合せが続いている。

当初は代行輸送を行なわないとしていたが、復旧に時間を要する見通しとなったことから、当面の間、平日に釧路~摩周間と網走~緑間で代行バスを運行することになった。

釧路~摩周間では1日2往復が運行され、時刻は、釧路6時3分発~摩周7時48分頃着・8時34分発~釧路10時19分頃着・14時16分発~摩周16時1分頃着・17時発~釧路18時45分頃着。

網走~緑間では下りのみ1日1本が運行され、時刻は網走16時17分発~緑18時15分頃着。

なお、釧網本線では、新型コロナウイルス感染拡大による利用者減を理由に、釧路~塘路間で運行される『くしろ湿原ノロッコ2・1号』の4月中の運休が決まっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。

ピックアップ

Response.TV