スーパーフォーミュラ・チーム関係者が新型コロナウイルス陽性

2019年第7戦鈴鹿
2019年第7戦鈴鹿全 2 枚写真をすべて見る

スーパーフォーミュラに参戦しているレーシングチームのTEAM MUGEN(M-TEC)は3月31日、チーム契約ドライバーのマネージャーが新型コロナウイルスに感染していた、と発表した。

3月24・25日の2日間に富士スピードウェイで実施されたスーパーフォーミュラ「富士公式合同テスト」の終了後、海外の検疫検査所で陽性であることが判明したという。これを受けてチームでは、テストに参加したチームメンバーの出社を停止している。

富士公式合同テストは、観客のパドックへの立ち入りを禁止して開催された。シーズンはすでに第3戦までの開催が延期されている。新日程は未定。開幕戦は当初の第4戦の、6月20~21日開催のスポーツランドSUGO大会となる。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ