800馬力のスーパー4ドアクーペ誕生へ…メルセデスAMG GT に「73」、充電口も存在も確認

メルセデスAMG GT 73 開発車両
メルセデスAMG GT 73 開発車両全 17 枚写真をすべて見る

メルセデスAMGの4ドアスポーツクーペ、『GT』の頂点に設定される『GT 73』の開発車両を再びカメラが捉えた。

「73」の名は、パガーニ『ゾンダ』にも搭載された7.3リットルV型12気筒エンジンに由来する。1998年から2001年まで2ドアクーペ『SL』に『SL73 AMG』が設定されていた。その「73」の車名が19年ぶりに復活することになる。

スウェーデン北部で捉えたプロトタイプは、鍵型のLEDデイタイムランニングライト、大きなパナメリカーナグリルを装備。巨大なコーナーエアインテークが完全に露出しており、下に位置する『GT 63』とほぼ同じフロントエンドがみてとれる。

またクワッドエキゾーストシステムやディフューザー、バンパーもGT 63のデザインを継承しているようだ。唯一異なるのは、テールライトのすぐ下に充電ポートが隠されている点だ。多くのPHEVモデルでフロントまたはリアクォーターパネルに備えられているが、GT 73は独自のレイアウトとなっている。

メルセデスAMG GT 73 開発車両メルセデスAMG GT 73 開発車両

充電ポートを備えていることからもわかる通り、GT 73に搭載されるパワートレインはV型12気筒ではなく、コンセプト同様に4.0リットルV型8気筒+モーターのハイブリッドモデルだ。最高出力は800馬力以上、最大トルクは900Nm以上と予想されており、0-100km/h加速3秒以内のハイパフォーマンスを誇る。

ワールドプレミアは、2020年と予想されている。

メルセデスAMG GT 73 開発車両メルセデスAMG GT 73 開発車両

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】800馬力のスーパー4ドアクーペ誕生へ…メルセデスAMG GT に「73」、充電口も存在も確認(17枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  3. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  4. 『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021
  5. 巨大エキゾーストパイプの迫力!BMW『M2コンペティション』新型を初スクープ
  6. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「小さくても高級」は日本で受け入れられるか?…諸星陽一
  7. MINI クロスオーバー、内外装「ブラック」の特別仕様車発売
  8. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  9. 手作業生産、アキュラのSUV『RDX』に特別仕様…米国発売へ[写真18点]
  10. ホンダ フィット クロスター、フロントロアガーニッシュが脱落するおそれ 自主改善へ
ランキングをもっと見る