BMWグループ、クラウド+ブロックチェーン技術を活用へ…サプライチェーンの透明性を確保

BMWグループのクラウド+ブロックチェーン技術のイメージ
BMWグループのクラウド+ブロックチェーン技術のイメージ全 1 枚写真をすべて見る

BMWグループ(BMW Group)は3月31日、ブロックチェーン技術を活用して、サプライチェーンの透明性を確保すると発表した。

ブロックチェーンは、暗号化を介して相互に連携する記録と、そのリストを含むデジタル台帳だ。サプライチェーン内において、この技術は変更不可能な取引の記録を作成し、同時に記録可能なデータに関する一連の共通ルールを課す。これにより、ブロックチェーンの参加者は、取引に関して独立して検証と監査を行うことができるという。

自動車メーカーが直面する重要な課題のひとつが、コバルトなどのリチウムイオンバッテリー製造に使用される鉱物原料のトレーサビリティ(追跡可能性)だ。自動車用バッテリーの原材料が責任を持って調達されていることを顧客が確認し、信頼してBMWグループの電動車を購入できるようにする必要がある。

BMW グループは、「PartChain」と呼ばれるブロックチェーンプロジェクトを導入する。PartChainでは、ブロックチェーンソリューションに加えて、Amazon のウェブサービスやマイクロソフトAzureなどのクラウドテクノロジーを使用する。これにより、すべてのパートナー間でコンポーネントの起源を追跡できる。BMWグループは2020年内に、このプラットフォームを約10社のサプライヤーに展開する予定だ。

BMWグループは、PartChainプロジェクトにより、ボタンを押すだけでトレーサビリティを確保し、今後すべてのパートナーに複雑なサプライチェーンのデータ透過性を即座に提供する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW モトラッド R18 クラシック のファースト・エディション
  • BMWモトラッド R18 クラシック
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV