BMW、今秋の2大二輪車ショーへの出展を見合わせ…新型コロナウイルスの影響が予測不可能

BMWモトラッドのEICMA 2019ブース
BMWモトラッドのEICMA 2019ブース全 1 枚写真をすべて見る

BMWの二輪部門のBMWモトラッド(BMW Motorrad)は4月1日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響が予測できないため、今秋ドイツとイタリアで開催される予定の2つの国際二輪車ショーに出展しないと発表した。

BMWモトラッドが出展を見送るのは、10月にドイツ・ケルンで開催される予定の「インターモト」と、11月にイタリア・ミラノで開催される予定の「EICMA」(ミラノ・モーターサイクルショー)の2つの国際二輪車ショーだ。

BMWモトラッドによると、モーターショーに関わるすべてのパートナーに、最大の安全性や利益を提供するために、早い段階でのインターモトとEICMAの2つの国際二輪車ショーへの出展見送りを決定したという。

なお、BMWモトラッドは2020年秋、インターモトとEICMAで計画されているワールドプレミアを、代替プラットフォームで発表する予定だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP

ピックアップ