【日産 ル-クス新型・三菱 eKスペース 新型】ダンロップ エナセーブ EC300+ を新車装着

ダンロップ・エナセーブEC300+ / 三菱eKクロススペース
ダンロップ・エナセーブEC300+ / 三菱eKクロススペース全 5 枚写真をすべて見る

住友ゴム工業は、新型軽ハイトワゴン、日産『ル-クス』および三菱『eKクロススペース』、『eKスペース』新型に、ダンロップ「エナセーブ EC300+」の納入を開始した。

日産ルークスは優れた走行性能やクラストップレベルの室内の広さなどを実現し、全方位の先進安全技術も搭載。eKクロス スペース/eKスペースは三菱自動車らしい力強いSUVテイストのデザインと、スタイリッシュで親しみやすいデザインを採用し、使い勝手が良く快適な室内空間を備えた。

今回装着されるエナセーブ EC300+は各モデルの求める環境性能を実現するため、ダンロップ エナセーブシリーズの開発で培った低燃費タイヤ技術を投入。タイヤの転がり抵抗低減による燃費性能の向上はもとより、静粛性能と操縦安定性能を高次元でバランスさせている。

納入タイヤサイズは、155/65R14 75Sおよび165/55R15 75V。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV