ポルシェミュージアム、デジタル公開…子ども向けアクティビティも配信へ

ポルシェミュージアム
ポルシェミュージアム全 1 枚写真をすべて見る

ポルシェ(Porsche)は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響で一時閉館しているドイツの「ポルシェミュージアム」を、4月4日からデジタル公開した。

ポルシェのファンは、さまざまなレーシングカーや市販車をデジタル見学できる。通常は公開されていないポルシェミュージアムの舞台裏も、見ることができる。

また、ポルシェミュージアムのインスタグラムページでは、ポルシェの歴代のレーシングドライバーがフォロワーからの質問に初めて答える。1998年のルマン24時間耐久レースにおいて、ポルシェに総合19勝目をもたらしたステファン・オルテリ氏をはじめ、ハンス=ヨアヒム・スタック氏、マーク・ウェバー氏らが、質問に答える予定だ。

さらに、ポルシェミュージアムでは4月8日から、専用のウェブサイトを立ち上げ、子ども向けのゲームやアクティビティを配信する。子どもたちは、複数のクラフトやパズルなどから、好みのアクティビティを選択できる。

中学生は、自宅のパソコン画面で、「エレクトロモビリティ」について学習できる。100年前、フェルディナンド・ポルシェが最初のEVを生産した。ここから始まった新しいモビリティとパワートレインコンセプトについて、学ぶことができる。さらに、最初のEVから最新の『タイカン』に至るまで、エレクトロモビリティの基礎と歴史について知ることができる。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ